インヴァスト証券のシストレ24とは

インヴァスト証券のシストレ24とは

特徴はシグナループロバイダーの数が非常に豊富なこと(シストレツールの提供はトレーデンシー社)。現在、100社以上のシグナループロバイダーがおり、通貨ペア別に見れば1000以上の売買システムが稼動している。

 

「シストレ24」のコンセプトについて、インヴァスト証券営業部は「相場を分析するのではなく、どの売買システムがよいかを分析するところが新しい考え方。また、シストレというのは、一擢千金を狙うものではなく、年率30〜40%のリターンがあればOKという性質のものだと受け止めてほしい」と語る。

 

絶対的な聖杯を探そうとするのではなく、安定運用のためのツールととらえるとよいだろう。

 

「シストレ24」を利用するにあたって特別な費用は必要ない。取引手数料も無料だ。ただ、同社の口座で通常に取引する場合にくらべて、スプレッドがやや広くなっており、これがサービス提供料の意味合いをもっている。

 

「シストレ24」はデモロ座を開設することもできるので、実際にリアルマネーで取引を始める前に、デモロ座で練習してみるとよいだろう。

 

FXをするならfx比較ランド

最新の為替(FX)情報とは

外国為替市場は感謝祭の祝日で休場。海外勢による資金流入が限られることになるため、膠着感の強い相場展開が続きそうである。昨晩、フィッチはポルトガルを「BB+」に格下げし、朝方にムーディーズがハンガリーを「Ba1」に格下げしている。欧州債務危機の悪化が嫌気されることになろうが、米系からの資金流入が期待できない分、大きな波乱にはつながらないであろう。ユーロ安、ドル高、円高の流れは変わらないであろう。FX投資家にとって一休みできる為替相場展開となることが予想される。